Call us: 555-555-5555

がん治療

naoru.com/なおるコム/ナオルコム/
がん治療
病院ランキング
/
免疫療法
免疫チェックポイント阻害療法
ウイルス療法
陽子線療法
病原体の一部を投与
免疫療法
の新手法)
大阪府立成人病センターは患者の免疫力を高めてガンを治療する
免疫療法
の新手法を開発した。動物を使った基礎実験成功した段階で、2004年の日本癌学会で発表。
新手法は細菌やウイルスを分解し、その一部分を投与する。
免疫細胞表面にあるセンサー役のタンパク質
トル様受容体(TLR)
が“病原体が侵入した”と錯覚して免疫細胞が活性化する。
その際にガン細胞の一部も併せて投与して、免疫細胞の攻撃目標がガン細胞になるようにする。
これによって強い免疫力でガン細胞を攻撃できる。
マウスを使った実験で、ガン細胞の一部を単独で投与する従来の手法より、腫瘍の抑制や免疫細胞を活性化する効果が高いことが確認された。
TLRを介する免疫機構は1990年後半から国内外で急速に研究が進んだ
免疫チェックポイント阻害療法
(標準治療)
国内外の最新の研究成果をふまえた上で、学会などで最も治療効果が高いと推奨している治療法。
標準といっても平均的な治療法ではない

標準治療以外では延命効果は科学的に証明されていない。


(奏功率)
とは、画像診断でガンが
30%以上
縮小した状態が
1ヶ月
以上続いた患者の割合のこと

奏功率60%
・・・・・
10人中の6人のガンが一時的に小さくなったことを意味し、ガンが平均6割消失したという意味ではない
・・・
ガン情報
放射線治療
放射線治療とは
透過性のあるX線などの放射線を体に照射して体内のガン細胞のDNAを破壊し、死滅させる治療法です
放射線治療では
副作用を最小限にして最大の効果を得られるように線量を照射する技量が必要。ガン治療の高度化に伴い海外では大学院で原子力工学などを専攻した医学物理士(米国では約4000人)が放射線治療の精度を管理しているが、日本では40人程度しかいない。
我が国
欧米諸国に比べて日本では手術の比重が極端に高く、放射線治療は極端に低いという特徴があります。米国では、がん患者の6割が放射線治療を受けているのに対し日本では4人に1人程度です。
これまで医療界では、医師の個人的経験や考え方で、治療法が決められてきた。しかし近年は、治療方法を科学的に比較・分析して、最適な治療法を選択する考えが浸透してきました。放射線治療は、多くの種類のガンで、手術と遜色ない実績を上げています(中川恵一・東大病院放射線科助教授)
・・日本放射線腫瘍学会:http://www.jastro.jp/専門医と所属病院を確認できる。
効果を事前予測
ガンの放射線治療の有効性を事前に予測できる手法を山形大学の平田拓教授、木ノ内誠准教授、札幌医科大学の藤井博匡教授らのグループが開発した。
リチウムを含んだ有機化合物からなる特殊な結晶を作り、これをマーカーにして酸素分圧を計測する。マイクロ波を照射すると、細胞のエネルギーを吸収する性質の違いからガン細胞が判明、酸素分圧が測定できる。
ガン細胞は増殖が活発なほど多くの
酸素
を消費するため酸素分圧が低くなる
。こうしたガンに放射線を照射してもあまり効果がないことが分かっている。
マウスの後ろ足の上皮細胞に直径2cmのガン細胞を移植。そこへ長さ数十μ㍍の針状の結晶を生理食塩水に混ぜて投与した、投与後1日後から安定した酸素分圧が測定できるようになり、1ヶ月後でも安定して計測できた。
2007年5月。
ウイルス投与と放射線を併用
2010年、岡山大学遺伝子治療研究審査委員会は藤原俊義教授らが申請していた、ガン細胞だけを標的に破壊するウイルス投与と、放射線治療併用する臨床研究の実施を承認した。臨床研究では、ウイルス投与と並行して放射線投与した際の効果や安全性を探る。人間の細胞や動物を使った実験では、ガンを殺す働きが強まった
重粒子線治療
ガンの新しい放射線治療法として研究されてきた「重粒子線治療法」。
約10年近い臨床試験(約1500名)で有効性や安全性が確認され、2003年11月から高度先進医療の扱いになった。
放射線照射の費用自体は患者の自己負担になるが、入院・検査費用などには保険適用される
重粒子線治療は炭素イオンを高速で照射し、ガン組織を破壊する方法。
一般の放射線療法に比べて正常な細胞を傷つけないため、痛みや副作用が少ないとされる
最先端のガン治療法を実施する兵庫県立粒子線医療センター(兵庫県新宮町)で2003年4/1から一般診療が始まる。
ガンの病巣部だけを放射線の一種である陽子線で狙い撃ちするため副作用が少ない
のが特徴。
陽子線を使った一般診療は国立がんセンター東病院(千葉県柏市)に次いで2番目。西日本の施設では初めて。
治療対象
肺・肝臓・前立腺・頭頚部に出来た初期段階のガン。
X線など従来の放射線治療では体の表面近くで照射線量が最大になるため、ガン周辺の健康な細胞を傷つける難点があったが、陽子線治療はガン細胞だけに照射して病巣を退治する。
受付窓口は兵庫県立成人病センター(兵庫県明石市)で、同センターが転移が無いなど治療の可否を判断する。受付は2003年3/17から始めており、1日平均約40人の問い合わせがあるという。
毎日1回、約40分の治療により4~8週間での除去を目指す
健康保険の適用外のため、期間に関係なく治療費\2883000は自己負担
光線力学療法
2010年
、奈良先端科学技術大学院大学の池田篤志准教授らは、球状炭素分子「フラーレン」に植物が光合成で光を集める仕組みを導入しガン細胞を効率よく死滅させる技術を開発した。光を患部に照射してガン細胞を攻撃する「光線力学療法」として応用を目指す。
成果は米科学会誌(電子版)に掲載。
フラーレンの一種で60個の炭素原子が集まったC60を活用した。
C60はガン細胞を死滅させる活性酸素を発生する能力は高いものの、光エネルギーの吸収能力は低い。このため光合成で葉緑体の色素が太陽エネルギーをアンテナのように効率よく集光する仕組みを取り入れた。
リポソームという微小カプセルの中に、C60と光エネルギーを吸収する能力の高い蛍光色素を入れた。
現在の光線力学療法で使われている600~800ナノ㍍のレーザー光を照射すると、蛍光色素がエネルギーをとらえてC60に渡し、活性酸素が発生した。
ヒトのガン細胞で効果を確認した。
蛍光色素とC60が近くに無いと活性酸素は発生しない

光線力学療法は肺や食道・胃・子宮などの早期ガン治療に使われる。
患者に光増感剤という薬剤を投与するが、体内に残っているうちに日光に当たると皮膚がタダレたりする光線過敏症が起こす。このため治療後1週間程度は暗い場所で過ごす必要があるという
遺伝子治療
キラーT細胞を増やす
九州大学、東京大学、大阪大学の共同研究チームは日本人に多い
胃ガン・大腸ガン・肺ガン
に有効とみられる
遺伝子治療
技術を開発。
動物実験で効果を確認した。
九大医学部の岡田全司助教授らは
血液中の未熟な
リンパ球
キラーT細胞
に変える働きがあるインターロイキンー6(IL-6)というタンパク質に注目
[IL-6]及びIL-6と結合する受容体タンパク質の遺伝子を、運び役である毒性を無くしたアデノウイルスに組み込んで投与する。研究チームは人間のガン患者から取ったリンパ球を導入した特殊なマウスの腹にガン細胞を移植して治療を試みた。
遺伝子を導入した約20匹のマウスの80%はガン細胞が1/10以下に縮小したり消失して、100日以上生きていた
一方、アデノウイルスだけを投与した約20匹は14~20日間ですべて死んだ
がん遺伝子診断外来
2016年4月、北海道大学が解説。
標準治療が難しくなった進行がんや再発がん患者の遺伝子を調べて最適な治療方針を提案する。
ヒトの全遺伝子は約2万5千種類あり、ガン関連遺伝子は500種類と言われている。
抗体でガン増殖を抑える
2010年、鹿児島大学の松山隆美教授、永井拓助教らは、ガン細胞の増殖を助ける細胞だけを攻撃する抗体物質の開発に成功した。注射で体内に入れると、ガンの腫瘍が大きくなるのを抑えることを動物実験で確認した。
研究チームは、ガン腫瘍の周囲にだけ集まり、ガン細胞の増殖にかかわるマクロファージに注目した。
一般に
マクロファージ
は免疫細胞として働き、ガンを攻撃することで知られる。
一方で、ガン細胞の成長を促す物質を出すタイプもある
という。
ガン増殖を促すマクロファージの表面には、他のマクロファージには見あたらない葉酸受容体(ERβ)というタンパク質がむき出しになっていつことを突き止めた。
そこで、この受容体に結合する抗体を合成した。抗体には緑膿菌が出す毒素をくっつけ、マクロファージの中に入って毒性を働かせるようにした。
体内での働きを調べるためにマウスを使って実験した。脳腫瘍を移植したマウスに、毒素をつけた抗体と、効き目がない偽薬をそれぞれ注射した。
18日後に腫瘍の大きさを比べた。
毒素付き抗体を注射した腫瘍は、ほとんど大きくなっていなかった。
抗体 を低濃度で投与しても最大2倍程度の大きさにとどまった。
一方、偽薬を接種したマウスでは、腫瘍の大きさはもとの6~7倍にまで大きくなった。
FRβは現在、「 肺ガン 」「脳腫瘍」「すい臓ガン」の周囲に集まるマクロファージの膜で見つかる
切開せず、凍結・壊死させる
2013年
、茨城県立中央病院は体を切開せずにがん細胞を冷凍させる最先端の手術を始めた。
新たな治療は
皮膚に1~3本の細い針を刺す。
直径1.5㍉×長さ17.5㌢の針に高圧のアルゴンガスを流すことで先端部を-170℃まで冷却し、細胞を凍結・壊死させる
「CryoHit」(クライオヒット)
と呼ぶ冷凍手術装置でガスを針に送る。
痛みが軽いなど患者の身体的な負担が軽く、手術跡がほとんど残らない。
入院期間も3日程度で済む
保険適用は腎臓がん。
ガン細胞は43.5℃で50~60分加熱すると99%が死滅する

「2003年、国立国際医療センター研究所や早稲田大学などの研究グループは、ガン細胞を効率よく死滅させられる新しいガン温熱療法の基礎技術を開発した。
でガン細胞を熱する仕組み
で、ガン細胞にうまく熱が伝わる超微粒子を利用した。化学療法に頼ることの多い白血病など、様々なガンに応用できそうだ。
開発した治療法は「
マグネタイト
」と呼ぶ酸化鉄を利用する。
磁気共鳴画像装置( MRI )の造影剤にも使う物質。
ナノ㍍サイズ(1/10億)に加工した酸化鉄の超微粒子を体内に入れる。そこへ電磁波を照射すると酸化鉄微粒子が発熱するため、その熱でガン細胞の膜が破壊され、ガン細胞が死滅する。
超微粒子の表面にはガン細胞にある抗原にだけくっつく抗体を貼り付ける。そこへ電磁波を照射するとガン細胞だけが加熱される。
直径数cm以下の範囲だけを加熱出来るようになれば、広範囲のガンに対応できる。
兵糧攻め
2013年6月21日、
血管塞栓用マイクロスフィア「ヘパスフィア」および「エンボスフィア」 について、国内製造販売承認を取得。
カテーテルを用いて血管内に留置し、血流を遮断することを目的に使用される血管塞栓用マイクロスフィアです。
膨潤した粒子は柔軟で変形性が高く、粒子径よりも細い血管まで送達が可能で、血管内では圧縮、変形して血管壁と密着した状態で血流を遮断します
共存しながら延命できないか?
抗ガン剤はガン細胞と通常の細胞をみさかい無く攻撃するため、激しい嘔吐・下痢・脱毛などの副作用がある。苦しさに耐えきれず治療を断念することも少なくない。
そこで、進行ガンでも共存しながら延命できないか?との考えから始められたのが『
休眠療法
』。
休眠療法は金沢大学がん研究所の高橋豊助教授が考案したもので、投薬量を患者ごとに変え、継続投与を最優先しながら少ない副作用ですむように抗ガン剤の“適量”を決める。これまで、 胃ガン 大腸ガン など300人の患者で延命効果を確認した


根絶やしにできないなら、共存を図るべきだ。
従来の抗ガン剤療法はガンの縮小に主眼を置き
ガンが半分になったら一応成功とみなす
まず、人体への限界量を投与する

抗ガン剤はガンのみならず正常細胞も攻撃するため、患者は嘔吐や下痢、脱毛などの副作用に苦しむことになる。
それでも、ガンは半分にしかならない

ガン摘出手術で半分取ったから成功だ、という医者はいないのに、抗ガン剤治療なら成功なのか?
患者と接するうちに、素朴な疑問を抑えきれなくなった
ガンは存在自体が悪でなく、増殖を続けることが人を死に至らしめる。それならば、増殖を抑える発想に立ってもいはず」
患者ごとに投与量を調整、従来の半分前後に抑えたところ、副作用が軽減。長期間の投与も可能になり、延命期間が最大2倍程度まで延びた

ところが、医学界では休眠療法を支持する声は決して大きくない。特に抗ガン治療の専門家らは医学雑誌などでたびたび批判する

「それなら延命効果を実証してみせる」と高橋助教授は2003年から全国的規模での臨床試験に取り組んでいる。
主にガンの縮小効果を評価する現行の臨床試験は、ガンを増殖させない休眠療法の考え方とズレがあり、これまでためらいがあったが、「治療法の普及には避けて通れない」と決断した、と語る。
楽しい考え方は
NK細胞
の活性を高め、免疫力を高めガンを消失させることも可能です
悲しみ
NK細胞
の活性を低下させます
手術療法
化学療法
放射線療法
ストレスをあたえるので免疫力を弱めるだけでなく、
活性酸素
量を増やし、発ガン性があります
ストレス
発ガン物質や農薬と同じように、活性酸素を体内で発生させる
ガン情報
ガンの種類と
症状
ウイルス療法
分子標的薬
陽子線療法
免疫チェックポイント阻害療法
Share by: